ごデザプABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUWXYVZ

家づくりについて|滋賀で快適+低コストな注文住宅|㈱ライトパス

house

滋賀に合った
“快適な暮らし”を

ライトパスの家づくり

“暮らし”を中心に考えた
1,000万円台の家づくり

ライトパスの家は、快適な暮らしのために必要なもの、そして必要十分な住宅性能を見極めコストを抑えることで、 4LDK・36坪で約1850万円を基準にした“1,000万円台で叶う快適な家”を実現しています。

そのため、性能を売りにした住宅と変わらない快適さで、年間約20万円の出費を抑えられることも。

造作(可動棚・ニッチカウンター)、設備の仕様など細部に渡る要望をじっくりヒアリングし、月々の支払いから逆算して、どんな規模なら理想が実現できるかを正確にお伝えしていきます。ご家族が大切にしたいポイントは十分踏まえた上で、コストバランスを考えたプランニングをご提案いたします。

1,000万円台で
家づくりが実現できる秘密は?

その1.
住宅展示場に入らない

展示場に建てた住宅のコストは、どうしてもお客様のお見積もりに含める必要があります。しかし、モデルハウスを別の場所で建てた後に限定1棟販売を行うことで、モデルハウスのコストをお客様のお見積もりに含む必要がありません。

その2.
最適な性能でコストダウン

現代の高単価な住宅は、必要以上に性能を上げて単価を上げ、利益率を高くしているケースがあります。必要十分な性能を見極めて賢く家を建てることができれば、それだけ上手にコストを抑えることができます。

その3.
少数精鋭

各スタッフがスムーズに仕事を進め、情報発信を最適化することで広告宣伝費も最小限にしています。

他社とライトパスの
家づくりの違い

  ローコスト住宅 ライトパスの家 高機能住宅
価格 1,000万円前後 1,800万円が基準 2,500万円以上
提案内容 コスト重視の提案
(セミオーダー形式が多い)
快適な暮らし重視の提案
(生活での手間や費用の負担が少ない)
性能重視の提案
(性能やデザイン性にこだわる)
設備性能 必要最低限の性能 耐久性が高く、汚れにくく掃除がしやすい 高機能
設備の
メンテナンスのしやすさ
普及価格帯の設備を入れるケースが多いため機能性が劣る。また10年目以降は修理やメンテナンスが必要になるか、性能が落ちて掃除の手間が増える。 掃除がサッと終わり、10年以上経っても修理の発生率が低く、入居時の快適さを維持できます。また、造作家具は耐久性を考慮しなるべくシンプルな構造を採用しています。 造作家具は修理のサイクルが短く、こまめな掃除や手入れ、修理が必要。コストも時間もかかる。
一般的な設備の場合は、10年目以降は修理やメンテナンスが必要になるか、性能が落ちて掃除の手間が増える。
間取りの
自由度
低い 生活スタイルに合った間取り。
使わない空間を減らしたシンプルな間取り
自由度は高いが、住みやすさとの両立が難しくなるケースも
家の
デザイン性
低い 目に見えるものにしっかりとこだわる 予算も高く設定するためデザイン性は高い
月々のローン負担 少ない 月々のローン負担に苦しめられない 多い
貯金 貯まる 自由に使えるお金が増える 貯まりにくい

1年で約20万、
10年経った時には
約200万円の差が出ます!

chart

  他社Aの場合 ライトパスの場合
 

家の性能やデザインに
こだわった豪華な家

暮らしに必要な機能が揃った
シンプルな家

建物価格 2,500万円 1,800万円
土地 1,000万円 1,000万円
付帯工事費用 390万円 180万円
諸費用 200万円 100万円
  35年ローンを組む場合
ローン支払い 月々 約109,000円 月々 約84,000円
光熱費 月々 10,000円 月々 14,000円
合計 約119,000円 約98,000円

出費例は生活スタイルによって変動いたします

差額21,000円を年間で計算すると
252,000円になります。

この分を貯蓄に回せば
子どもの教育旅行
新しい家電の購入などに回せます。

家事ラク設計の
“快適な暮らし”を
ご提案

その1.住宅展示場に入らない

ライトパスは水回り導線の使いやすい間取りや、掃除を時短でできる手入れのラクな設備をご提案しています。

例えば快適に暮らすための工夫は、家の各所で行なっています。

  • 造作家具は耐久性を考慮し、なるべくシンプルな構造の物を採用。
  • お掃除が大変なIH周りや換気扇、お風呂場などにホーロー製を採用することで、半永久的な掃除のしやすさを維持。
  • キッチンのワークトップや洗面台には、汚れや傷に強いアクリル樹脂100%の人造大理石を標準採用。※アクリル樹脂の含有率が低い“アクリル系”ではありません。
  • 回遊型の間取りを標準採用することで、家事のストレスを軽減。
  • フローリングには強度の強い床材を採用。 汚れや傷を気にせず木目調の無垢の雰囲気の中で過ごせます。

 

「時間」と「お金」を節約し、生活の基盤を支える家で暮らすことで、より自由で快適な生活を送っていただけます。

“暮らし”を中心に考えた
標準仕様

断熱性、
タッチキー玄関ドア

玄関入り口から断熱性の高いドアを採用。鍵は車のキーと同じようにタッチやボタン、カードキーで施錠が可能です。

造作家具
(玄関土間収納)

生活スタイルに合わせ、適材適所で造作家具のご提案。

ハイグレードの床材

傷がつきにくく汚れにくい、高級なフローリング素材を採用。色柄バリエーションも豊富で、天然木のような雰囲気で高級感を演出します。

高断熱Low-eガラスと
樹脂サッシを採用した複合窓

断熱性能の要となる窓は、高断熱を実現するアルミと樹脂の複合サッシ&Low-eガラスを採用。冬は温かく夏は涼しい空間を実現します。 ※エリアによっては、非複合の樹脂サッシをご提案しております

アクセントクロス

空間に変化をつけ、オシャレさのポイントとなるアクセントクロスを標準仕様に。 ※約4箇所

ホーロー素材で
お掃除楽々キッチン

換気扇やキッチン回りの壁などは、水拭きだけで油汚れが簡単に落ちるホーロー製を標準採用。マグネットタイプの小物で自由にアレンジ可能です。
※タカラスタンダード

アクリル人造大理石を
採用したキッチン&
洗面化粧台

キッチンの天板、洗面化粧台には汚れにくく傷にも強いアクリル100%人造大理石を標準で採用。洗面化粧台のコンセント口数は外2つ内2つで、利便性の良いワイドタイプ(90〜120cm)を標準仕様にしています。
※タカラスタンダード

断熱材入りの
ホーロー壁に
囲まれた浴槽

浴槽の壁、天井、床に極厚の断熱材を施し、冬でも寒くない浴室に。また、壁はホーロー製なので、カビが発生しにくくシャワーのお湯でサッと汚れが落ちます。
※タカラスタンダード

屋根材は耐久性のあるガルバリウム鋼板

屋根材には、耐久性に優れたガルバリウム鋼板を標準採用。軽量なので耐震性も向上します。

吹付け高性能断熱材

壁と天井、浴室下を断熱材で覆うことで、外気の影響を最小限に。夏や冬でも快適です。

和紙畳

従来のイ草と比較して、カビやダニの発生が少ない和紙畳を標準採用。 畳床には厚みのある断熱材を採用することで、赤ちゃんのお昼寝にもピッタリな環境に。

トイレ・給湯設備

1階トイレ(タンクレス)
2階トイレ(タンク有)
給湯設備(エコキュート大容量460L)

玄関タイル・
ポーチタイル

一歩入った瞬間に目につくタイルは、どんなお家にも合う正方形のものを採用。

屋外物干しは天吊式

一般的なアーム型は壁に近く、洗濯物などが壁に接触し干せる量が限られるため、天吊式の物干しを標準採用。

内部収納

階段下やキッチン、パントリーなど、お家の中の収納をご提案。生活スタイルに合わせて自由な収納を実現します。

オーダーカーテン

お家に合わせたカーテンを全てオーダーで作ります。

全室LED照明

全てのお部屋にLED照明がついています。

室内ドアのアクセント

リビングドアなどはこだわりのドアでアクセント。

※水回りの設備は、標準仕様のタカラスタンダードまたはクリナップよりお選びいただけますが、その他のご要望がございましたら申し付けください

ライトパスの
オプション仕様

家族でこだわりたいところはグレードアップ
予算はそのままになるようプランをご提案いたします

木の格子

書斎、家事室、
カウンターや本棚など

和室小上がり

造作テーブル

ホスクリーン追加

ランドリールーム

フルフラットキッチン

樹脂×樹脂の
高性能断熱サッシ

浴槽の人造大理石

※オプションは一例です。その他の希望がございましたらご相談ください

jigyo_img_05

滋賀の気候に合わせた家づくり&耐震等級3相当で地震に強い家

大手ハウスメーカーのなかには、住む地域を考慮せず不必要に高い断熱性・気密性の家をご提案されるケースがあります。

ライトパスは滋賀の気候に合わせた必要十分な性能を見極めることで、コストダウンを図りながらも“夏は涼しく、冬は暖かい”お家を実現しています。設備や間取りだけでなく、滋賀に住むご家族が四季を通じて暮らしやすい空間にもこだわっています。

また、ライトパスの家は耐震等級3相当をクリアするだけでなく、過去の震災から指摘されている直下率、 各階の偏心率という耐震要素のバランスを見ながら実際の地震に強い耐震性能で設計しています。耐震性にも配慮した構造で、家族の安全安心を守ります

地震に強い
ライトパスの標準構造
 

木造軸組構法

日本古来の建築工法で、日本の気候や風土にも適しています。コンクリートの基礎に土台を据え、そして柱を立て梁などで組み合わせて建物を支える構造となります。

ライトパスでは、天然材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドの柱や梁を使用し接合部には、耐震性の高い金具を使用することで、より強固な構造を実現しています。

構造用面材

壁倍率木造軸組工法2.5倍および4.0倍の構造用面材を使用しています。外壁下地としての合板が全体を包み込み、構造としての強度も兼ね備えています。

ベタ基礎

建物の底一面をコンクリートで支える基礎です。家の荷重を底全体で受け止め建物を支えるため、負荷が分散し安定性に優れています。

また基礎と土台の間に樹脂製の気密部材、基礎パッキンを組み込むことで土台から基礎へ湿気が伝わるのを防ぐことが可能です。

その3.少数精鋭

入居後も定期的に
アフターフォローを

ライトパスでは、何かあればすぐ相談してもらえる関係性を築いていきたいと考えているため、引き渡し後も定期的にコミュニケーションを繰り返しています。

なので、点検期間を定めなくても随時チェック・メンテナンスを行なっています。

もちろんご連絡をいただければ即日で駆けつけるので、いつでもご相談ください。

関連ページ