ごデザプABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUWXYVZ

壁内の断熱材には吹付け硬質ウレタンフォームを |家づくりコラム|株式会社ライトパス

壁内の断熱材には吹付け硬質ウレタンフォームを

壁内の断熱材には吹付け硬質ウレタンフォームを

 

吹付ウレタンフォームの仕様はこちら(文末へ移動します)


ライトパスの断熱材は、液体を吹き付けてから発泡する吹付け硬質ウレタンフォームを標準仕様としています。吹付け硬質ウレタンフォームは、空気を抱えた小さな気泡が連続しており、隙間なく確実に充填できるのが特徴で気密性も高くなります。

屋根の部分にも同じものを吹き付けることで家全体が魔法瓶のようになり、夏は涼しく冬は暖かい空間を実現できます。

断熱材は、一般的にグラスウールが使われるケースも多いです。グラスウールとはガラス繊維が詰め込まれた袋ですが、グラスウールはどうしても人の手で壁内に充填いくため、どれだけ優秀な職人が行っても隙間ができる可能性があります。隙間ができると、そこから室内の空気が外壁側のボードまで達して壁内結露を起こしたり、経年劣化により断熱性能が下がる可能性がでてきます。

吹付けウレタンフォームなら施工誤差を抑え、コンセント周りやダクト周りも隙間なく仕上げることができます。性質上グラスウールよりも湿気を通しにくい素材のため、壁内結露の発生率も下げてくれます。

断熱材の中の湿気が外壁部まで達した場合でも、構造用ボードであるタイガーEXハイパーの透湿性の高さにより外気に抜けていくため、一般的な生活であれば壁内結露はまず発生しません。

 


吹付け硬質ウレタンフォームなら、
断熱性能、気密性能の問題を同時に解決することができる点が大きなメリットですね。

ライトパスでは、24時間換気に“澄家”を推奨しています。澄家は床下からリビングに給気し、1Fと2Fの各部屋から排気することで家全体を一定の室温に保ちますが、基礎断熱を行うので気密性が高くなります。吹付け断熱による気密性と相まって、家全体の気密性がさらに高くなりますね。

澄家はハウスダストを効率よく排出し、アレルギー予防にもなります。詳しく下記の記事でご紹介していますので、併せてご覧ください。

アレルギー対策!24時間換気システム“澄家”でハウスダストを排出

 

吹付けウレタンフォームの仕様について
  • JISA9526分類:建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム
  • 種類(記号):A種3(NF3)
  • 発泡剤:水(二酸化炭素)
  • 熱伝導率:0.04W/(m・k)以下
  • 燃焼性:120秒以内、60mm以下
  • 壁の吹付け量:壁80mm ※熱貫流率(U値)参考値 U=約0.48[W/㎡K] ※熱橋部も含む
  • 天井の吹付け量天井160mm ※熱貫流率(U値)参考値 U=約0.42[W/㎡K] ※熱橋部も含む

 


一覧へ戻る