ごデザプABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUWXYVZ

壁内結露を防ぐポイントと壁の素材のお話 |家づくりコラム|株式会社ライトパス

壁内結露を防ぐポイントと壁の素材のお話

壁内結露を防ぐポイントと壁の素材のお話

※出典:ダイライトMS|DAIKEN

お家を建てる時の仕組みとしては、まず柱を建て、柱と柱の間に板を張ります。この板自体が強度を持っているので、耐震性を向上させてくれます。

この板は一般的に構造用合板と言われ、素材は木材です。耐震性の向上も目的としているため、一般の方が想像する以上に強度があるものですが、この木材を使用した時に注意したいのがお家の壁内結露

今回は、壁内結露の発生を抑えるポイントと、この板(=外壁下地材)を木材ではない素材にすることで壁内結露の発生率を下げられるという内容です。詳しく解説していきます。

 

結露はどんな時に起こるのか?

まず、結露の仕組みです。空気中には水分が含まれていますが、気温により含むことができる水分量は限られており、その限界を超えたら結露として現れます。

冬に窓が結露するというのはこういった仕組みですね。そして、これはお家の壁内でも起こる可能性があります。

冬は、室内で温められ加湿された空気が、外気温で冷やされた外側の壁で壁内結露するというもの。夏場は逆で、外の高温多湿な空気が冷やされた室内側の壁で壁内結露するというもの。

とくに、冬に暖房で部屋を温め過ぎたり、夏にクーラーで部屋を冷やしすぎたりすると壁内結露が発生しやすくなるので、外気温との寒暖差はなるべく小さくするようにするのが理想ですね。

では、家づくりにおいて壁内結露を発生させないようにするにはどうしたらいいか?というのが、今回の記事の本題です。

 

壁内の部屋側に防湿シートを張る


壁内結露の原理として、壁内の湿度が高い状態になることが1番の原因となります。その要因として、特に冬は室内側の湿気が壁内に流れることが挙げられるため、防湿シートを貼ることで壁内の湿度上昇を防ぐことができます。

 

壁内結露が生じる前に、湿度を外に逃がす

冬も夏も、結露する際の共通点は湿度が高い状態になっているということ。では、湿度が高くならないように逃げ道を作ってあげればいいという話になります。

ここで登場するのが、ダイケン工業さんのダイライトMS(外壁下地材)です。


※出典:ダイライトMS|DAIKEN

ダイライトMSは、見た目は同じような板でも素材が木材ではなく、鉱物、鉄鉱由来の原料が使われています。

ダイライトMSの原料
※出典:ダイライトMS|DAIKEN

素材が木材でないという特徴のおかげで水蒸気を木材の3〜4倍通します。つまり、木材だったら壁内に溜まってしまいがちな水蒸気が、ダイライトMSなら外に逃げていくので、夏も冬も壁内結露のリスクを下げることができます。

 

木材の構造用合板だったらすぐに結露するのか?

防湿シートを貼ったり、壁内の結露防止に最適なダイライトMSですが、そういった対策をしなかったらすぐに結露が発生するというわけではありません。夏は室温を下げすぎない、冬は加湿しすぎないといった工夫で壁内結露を防ぐことが可能です。

目安としては、

  • 冬場は室温20度・湿度50%
  • 夏場は室温27〜28度

 
ぐらいです。最近は省エネの考え方が一般的になってきたと思いますが、お家づくりの視点では壁内結露防止にも繋がるので、過剰な冷暖房は気をつけるのがお家にとってはベストです。

今から家づくりを考えられる場合は、シートを張ったり外壁下地材などを考えたりすることでさらに壁内結露のリスクを低減することができますので、気軽にご相談いただければ幸いです。

 


一覧へ戻る